福井県で自己革新したい人は福井県倫理法人会に

福井県倫理法人会 会長挨拶

福井県倫理法人会
法人レクチャラー
第12代目会長
塩崎 恭一

~「信成万事」己を信じ、仲間を信じ、憂いなく前へ突き進もう!~
 昨年度はコロナウイルス感染症の蔓延により、十分な活動ができず会員の皆様にはご不便をおかけしました。今年度もまだまだ予断を許さない状況ではございますが、ワクチン等の接種増加により少しずつ改善していくと思われます。

 今年度、倫理研究所は純粋倫理を正しく学んで実践に励み、家庭、職場、地域社会における連帯の絆を強化して「倫理共同体」の同士の輪を広げ、“ゆるぎない7万社(年間平均7万社)”を実現し、令和7年度末には8万社体制確立に向けた普及計画を推進すると示しております。

 福井県倫理法人会は、朝を活用し「福井を、日本を元気にする」をモットーに、会員の皆様が笑顔になるために活動していきます。厳しい環境の中ではありますが、この思いをたくさんの人に伝え、一過性ではなく真の仲間づくりを目指してまいります。

 明るく元気な福井県を目指すために、単会会長と協力し、多くの会員が倫理実践の体験者となるように取り組みます。また、役員ならびに会員みなさまと力を合わせて、福井県倫理法人会がコロナ禍においても邁進できる年となりますように、ご協力の程よろしくお願いいたします。


令和3年度 福井県倫理法人会活動の重点

【委員会活動】

・各委員会は中間目標や年度目標を念頭において委員会活動を行なう。
・各委員会は単位倫理法人会の活動を活性化させ、他委員会と連携をとり会員普及につなげる。

・各委員会は必要に応じて会議を開催する。

・年間予定行事以外、役員会で承認を得ていない突発的な行事は開催しない。

【モーニングセミナー委員会】

・経営者モーニングセミナーの活性化を図る。

・スタンプラリーを開催し、他単会との交流を図る。(2回)

・当該単位倫理法人会の出席社数の目標を設定する。(30社)

【研修委員会】

・役職者基礎研修の開催。

・新入会員オリエンテーションの開催。

・「純粋倫理入門」の学習会の開催。

・若手経営者や後継者を対象とした勉強会の開催。

  ※倫理経営の何たるかを学ぶ場所の提供。

・「感謝報告の会」の開催。(倫理体験事例を発表する会)

【朝礼委員会】

・「朝礼マスター研修」の企画し、実施する。

・「朝礼コンテスト」の企画し、実施する。

・「活力朝礼」実施企業数の目標設定し、増大を図る。

・女性会員を巻き込んだ企画を立案し、実施する

【広報委員会】

・各種活動の告知、並びに倫理法人会の活動を的確にPRする。

・ホームページの活用。

・倫福の充実と、行政等へPRを図る。

【キャリア委員会】

・県並びに各単会の会長経験者、法人スーパーバイザー間の交流促進を図り、現役役職者との連携を強化する。

・年1~2回の交流会を開催する。

【普及グループ】

・今年度より普及拡大委員会がなくなり、県幹事長を中心に各単会においては専任幹事が普及意欲を喚起し、普及活動をサポートする。

・中間目標、年度末目標達成のための、活動計画の立案と推進を行う。

・新単会設立に向けた準備を行う。

 

 

“ともにまなぶ真の仲間づくり”

役員のご紹介

  法人局 法人スーパーバイザー 伊藤 勇二    
   副会長 後藤 隆一  MS委員長 中村 栄治
   幹事長 榎波 寛治  MS副委員長 北川 稔也
   副幹事長 林 智之  研修委員長 早川 将
   事務長 片山 勝  研修副委員長 高橋 昌則
   監査 尾﨑 喜代博  朝礼委員長 土橋 武志
   キャリア委員長 山中 美恵  広報委員長 橋本 匡司

福井県倫理法人会へのご質問やご相談はお気軽に

ご質問やご相談を承ります。
どうぞお気軽にお問合せください。