福井県で自己革新したい人は福井県倫理法人会に

会員の紹介と人会して思うこと

MEMBER'S VOICE

会員ボイス vol.2

vol.98 いくつになっても学べる場があると知りました。

福井市中央倫理法人会 会員
株式会社ウインズプラスミズコシ

【業務内容】カーテン及び室内装飾製造卸

 

針原 保代 


株式会社ウインズプラスミズコシ 福井県福井市豊岡1丁目15番7号 TEL.0776-22-2845

●自己紹介
 福井生まれの福井育ち。高校卒業後、東京の服飾専門学校で2年間学び、父の余命宣告もあり卒業後福井に戻り、23歳で結婚。当時は主人の両親や兄、社員さんと主に婚家のカーテン卸業に従事していました。

 結婚12年目の1986年に念願だった独立をし、カーテン製造卸、小売業として会社設立。

 設立当初は製造卸業が主で、その中でも売り上げの大部分は、福井が生産の9割を占めるレースカーテンでした。時代の流れの中で卸業だけでなく、大手量販店を売り先に持つ商社等に販路を広げ、「インテリアみづこし」という小売り部門に力を入れました。

 その後大手通販各社やホームセンターも取引先として加わりましたが、長男が大学を卒業し3年の就職後帰福した後は、インターネットの通販サイトでの販売に切り替え、現在は取引先を絞り、他社の縫製部門としての取引も加わり、信頼を得ています。

 

 ●倫理法人会への入会のきっかけ

 入会のきっかけは福井市中央会員、加藤節子さんからのお誘いでした。3月の初めに講話があるということで会場に行きましたが、何の知識もないまま着席し、その机の上にあった倫福を見ると「人は鏡、万象は我が師」という一文があり、その言葉に何故かしら惹かれ、モーニングセミナーに足を運んで、今の自分に足りないものを教えてもらえそうだと感じて入会を決めた次第です。

 

●入会後の実践

 なかなか目に見えるようなことは出来ていないのですが、一つだけ感じるのは素直な気持ちで他の方の話を聞けるようになったように感じています。

  

 ●今後について
 36期目に入る2021年10月に長男へ事業承継しました。会社の将来については長男が舵をとったことでもあり、私達は口出しをせず見守っていきたいと思っています。

 倫理法人会では女性会員の方達と始めた、「お宝拾い」という海岸清掃活動を続けながら他のボランティア活動も模索しようと思っています。

 いくつになっても学ぶことは沢山あると思っています、これからも心のメンテナンスをしていきます。十七ヶ条や純粋倫理ももっと深く学びたいと思い、勉強会にも参加していきます。

vol.97 夢を抱(い)だこう、どこまでも。気高き理想を!

福井市倫理法人会 会員
医療法人わかすぎ歯科クリニック 理事長

(株)ありがとう 代表取締役 (重度障がい者の放課後デイサービス

医療法人さくら病院 理事

【業務内容】医療事業 ディサービス事業

 

島田 雅胤 


医療法人 わかすぎ歯科クリニック 福井県福井市若杉4-813 TEL:0776-33-0003 FAX:0776-33-0005

●自己紹介
 1964年、丹生郡越前町(旧織田町)生まれ。家族(妻・子女3人)。

 東京歯科大学卒業後、東京、浜松、福井市で勤務医を務め1997年12月現在地で開業。現在、スタッフ20名体制で県内トップクラスの歯科医院である。島田先生の歯科事業ビジョンは立派な歯科医師の育成に重点を置いており、今まで20名近くの歯科医師が当クリニックで勤務医として従事し、14名の方が開業しています。

 2016年、株式会社ありがとう設立。障がいをもった子供たちのための放課後等ディサービスわかすぎ、リハビリデイサービスわかすぎ、ケアプランわかすぎを開設し、現在20名のスタッフ体制で運営してます。

 2021年10月には加賀市にて医療法人さくら病院(旧加賀蓮井病院 140病床)の共同経営に参加し、理事になりました。

※前病院長が逝去され承継者がいなく、地域医療体制崩壊を防ぐ目的で共同経営に参画。

 

 ●倫理法人会への入会のきっかけ

 福井市会員中條さんより、講話の依頼があり2020年4月にゲストとして講話し、食事会で入会を勧められ、いい会だなぁと感じていたので「入会します」と即答しました。

 

●現在、取り組んでいる倫理実践

 事業所では以前は私主導の朝礼でしたが、職場の教養を活用したスタッフ主体の朝礼を行っています。個人では仕事前、ゴミ拾いを2002年から行っています。

 きっかけは2002年、入院を伴う大きな挫折をしました。退院後、永平寺に参拝した際、道元禅師の「はきものをそろえると心もそろう。心がそろうとはきものもそろう。ぬぐときにそろえておくとはくときに心がみだれない。だれかがみだしておいたらだまってそろえておいてあげよう。そうすればきっと世界中の人の心もそろうでしょう」の張り紙を見てからです。自分自身、後片付けが苦手であったからです。「ゴミを捨てる人は徳を捨て、拾う人は徳を拾う」「敵は居ない、敵は己でつくっている」など仏教用語で「功徳の行い」を習慣化してます。

 5年前から事業所スタッフと共に毎年、越前海岸沿いのゴミ拾いを行っています。海は命の源であり、ゴミが流れ着いた海岸沿いを重点的に行っております。昨年からは福井市倫理法人会会員さんも加わり、今年は約60名位で開催しました。

 

  ●今後について
 クリニック事業の承継については早期にと考えております。個人として福井県人口減少が進む中で、将来を担う子供たち、若者が住みたくなる街づくりに向けた諸活動に専念したいです。

※2017年11月に(株)幻冬舎より『日本のこれからをつくる 本』を出版。


福井県倫理法人会へのご質問やご相談はお気軽に

ご質問やご相談を承ります。
どうぞお気軽にお問合せください。