福井県で自己革新したい人は福井県倫理法人会に

会員の紹介と人会して思うこと

MEMBER'S VOICE

会員ボイス vol.2

vol.88 妻にも素直に「大好き」と言うことができるようになり、倫理を学ぶ前より家庭に笑顔が増えました。

福井県倫理法人会 朝礼委員長
武珈琲ラボ 代表

【業務内容】自家焙煎コーヒー豆の販売

 

土橋 武志 


武珈琲ラボ 福井県福井市上天下町2-58 TEL:0776-65-5733 

●自己紹介
 ブラジルで生まれ、5才の時に日本に。中学生の時にジャマイカの音楽レゲエに出会い、いつかジャマイカに行きたいと夢をもつ。23歳で結婚し、妻に「30歳になるまでには人生でやりたい仕事を考えておくように」と言われ、日本にいながら、ジャマイカを感じて仕事ができないかと考えた時、ジャマイカにはブルーマウンテンというコーヒーがあることを知り、コーヒーが飲めないのに、コーヒーの勉強を始め、コーヒー関係の仕事に転職。勉強していくうちにコーヒーの魅力にとりつかれ、2019年に独立。ブルーマウンテンの魅力をもっといろんな人に楽しんでもらえるように日々勉強を続けています。

 

●倫理法人会への入会のきっかけは?

 いつか独立したいなーと考えていたころ、鴨頭さんの動画で倫理法人会のことを知り、「仕事で成功する為に、家庭を犠牲にするのは間違ってる」という言葉に共感をし、独立したら倫理法人会に入ろうと思っていました。

 

●入会後の実践

 第一期倫理塾に入塾し、家族に呼ばれたら笑顔で「ハイ」と言う実践をしました。最初は簡単にできていたのですが、「俺が笑顔をがんばってるのに、なんで相手は不機嫌なの?」という負の感情が出てくるように。笑顔は頑張るものでもないし、家族に対する感謝の気持ちが足りないことに気づくことができました。むしろ倫理を学んでいる自分が率先して家族を笑顔にしなければいけないと思うようになり、妻にも素直に「大好き」と言うことができるようになり、倫理を学ぶ前より家庭に笑顔が増えました。今は物を大切にするという実践を行っています。どんな結果がでてくるのか今後楽しみです。

 

●今後について

 事業を安定させるために日々楽しむことを忘れず。苦難福門。困難だと思うことにも積極的にチャレンジをしていきます。

vol.87 ある人の話を聞いて自分は生かされているんだと気づき毎日仏壇に手を合わせてます。

坂井あわら倫理法人会 幹事
宮腰機工株式会社 組立課 係長

【業務内容】印刷機械製造

 

宮川 潤一 


宮腰機工株式会社 福井県坂井市坂井町下兵庫220-33-1 TEL:0776-95-7230 FAX:0776-72-0127

●自己紹介
 1964年あわら市(旧金津)出身。生まれてからずーっとこの地で過ごしてます。18歳で福井市内の電気工事を皮切りにペンキ屋、水洗トイレを売る飛び込み営業職をへて21歳の時新聞チラシで求人していた今の会社の下請会社に就職。その2年後今の会社に吸収され現在にいたる。今の会社になってから直ぐに試運転課を創立し何故か組立課から試運転課に移動、本社の技術者から機械の試運転を一から学びました。

 

●倫理法人会への入会のきっかけは?

 坂井あわら倫理法人会の前田副会長とは学生からの先輩後輩で、「500円で旅館の朝ごはんが腹いっぱい食べられるぞ」の言葉につられて出入りするようになりました。坂井あわらの人が企画していたピンクリボンフェスタにも別グループで出ていたので、いっしょに酒とか飲んで顔見知りでした。ただ良い年齢になり自分を変えたくて、あるナイトセミナーで入会しました。(令和元年6月に入会しました)

 

●現在、取り組んでいる実践と効果

 倫理塾で私の100日実践目標である[毎朝仏壇に手を合わせお参りする]を実践中。効果はまだまだわかりませんが何かが変わると信じております。

 

●今後について

 あと数年で定年です。それまでに倫理の事を沢山学び沢山知り合いをつくり自分が次に何をしたいか探したい。人生一度きり色んなことを沢山吸収したほうが勝ちだと思います。

vol.86 福井の倫理法人会には「DragQueen」の花華院姫子がいるのよって言っていただけるように頑張っていきたいと思います。

福井市倫理法人会 会員
Bar妖かし 代表

【業務内容】飲食サービス

 

花華院 姫子 


Bar妖かし 福井県福井市順化1丁目14-22 TEL:0776-22-8848

●自己紹介
 今から22年前福井に登場し、最初の5年間は潜んでいましたが17年前片町に「Pub tama★koro」を開店。この時はまだDragQueenを隠して生活しておりました。11年前に「Bar妖かし」を開店し、ここから花華院姫子猛進撃が始まり現在に至ります。生まれは京都の街中で育ちが滋賀県なもので、滋賀県出身と間違えられます。現在はOL家業と「LGBTの発信者」として、いろんなところでイベントを開催しております。

 

●入会のきっかけは?

 正直ある方のめちゃめちゃなプッシュだったのですがそれはさておき、一昨年の12月13日(金)「まぁこれはいいかな」に初めて朝活で講話させていただいて、結構緊張して何喋ったかわからなかったのだけど(ほぼノープランだったし)ただ、アタシのこのしょうもない話でもこれだけの人が聞いていただけているのだという気持ちでもっとこの方たちだけでもいいので私たちLGBTが存在しているというのをわかっていただけたらなぁと思い入会しました。

 

●現在、取り組んでいる実践は?

 実践って言うのは社会貢献かなぁ?実践したいのですがやはり保守的な福井の皆様相手にこのド派手なメイクのそれも聞きなれないDragQueenではなかなか実践は出来ないです。まずはこういうところから砕いて行ってアタシが実践できるような場所を作っていきたいです。

 

  ●あなたにとって倫理とは?
 アタシにとって倫理とは?めちゃわからんじゃん!!(笑)
最初講演の時マジでビビりました。ナニコレ??って感じで、でもお名刺を交換していたり空いた時間や朝食の間に少しお話をしていたりしていろんな考え方があるのだという事を知りました。アタシのLGBTに関する考え方もそうだけど、この「LGBT」の一言をとってもいろいろな人の今までの考え方、アタシの話を聞いた後の考え方は多種多様で(十人十色と言ったほうがいいのかな?)物凄く参考になりました。これがアタシにとっての倫理ではないかなと思いました。

 

 ●今後、社会をどのようにしていきたいか?

 今後はもう少し浅く広く皆様とお付き合いしてみて、まずは「LGBT」のDragQueenがどこまで理解していただけるのかを感じていきたいと思います。今やっているラジオ(たんなん夢レディオ「花華院姫子の昼妖かし」)や年に2回開催予定の「妖宴」またまた「Bar妖かし」を通じて福井にもこんな奴がいるという事を皆様に知っていただきたいです。

 あと、もう少し間口を開いていただいて職場や学校そういうところでもお話しさせて頂けたらなぁと思います。まだまだ福井でも「LGBT」に対する偏見はお見受けできます。それはやはりこういう人と接してもらわないとわからないのではないかと思います。

 お店でアタシはよく聞きます。「自分のご子息がLGBTだったらどうしますか?」この答は皆様にお預けしておきます。

 福井の倫理法人会には「DragQueenの花華院姫子」がいるのよって言っていただけるように頑張っていきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

 最後に「普通に生活している姫子より」

vol.85 万象我師。少しずつ変わっていく自分をどんどん好きになっています。

福井市倫理法人会 幹事
株式会社 森包装 取締役

【業務内容】織物整理業

 

森 香織 


株式会社 森包装 福井県福井市板垣1丁目711 TEL:0776-36-2473

●自己紹介
 池田町出身の45才、家族は夫、別居の娘(25才)と父母。3姉妹の長女、20才で結婚し出産、22才で離婚し初めての就職。しかし、4年後に倒産。同社にいた方が起業した会社で再就職。懸命に働くうちに、経営者になりたいと思うようになる。当時、父の会社は債務超過に陥っていたが、自分の力を試したいと、36歳で事業承継者として父が経営する会社に入社する。

 

●倫理との出会いと入会のきっかけ

 入社して7年、氣付けば、毎晩遅くまで仕事に追われ、家に帰れば愚痴ばかり、働く意義が見いだせず社長とも意見相違、一生懸命働くも結果が出ず、夫婦ケンカも日常的に発生。追い詰められていた2018年8月、鴨頭嘉人氏を知り「鴨チューブ研究所」に入る。そして、大嶋啓介さんの講演会をきっかけに福井市のモーニングセミナーに参加。2回目の参加で当時の会長に背中を押され入会。

 

●倫理入会後の変化(成長)、実践していることは?

 入会してもうすぐ2年になりますが、モーニングセミナーの運営、新年会での進行を任されるまでに。

 楽しい日は共に笑い、涙の日には共に語ってくれる素敵な仲間に恵まれ、倫理実践でも良きライバルとなっています。100日実践を通じ、笑顔、挨拶、ごみ拾いなど、始めたことが習慣となりつつあります。今は「職場の教養の感想を述べるFB」への連日投稿、1000日ブログを実践中、富士研にも参加予定です。倫理活動外でも繋がりができ、手作りマスク、清掃活動などのボランティアに参加。その時の達成感、皆で事を成し遂げることは経営にも通じると実感しました。

 また、倫理の先輩方のアドバイスは、自分を変えていける貴重な助言となり、「大丈夫」と声を掛けていただけることで、自信へと繋がっています。そして、コロナ禍において、モーニングセミナーが心のよりどころとなっていたこと、そして、共に学ぶ仲間のあたたかさを痛感しました。両親への感謝も芽生え、初めて母の誕生日に手紙を書き、楽天的な父のことも受け入れられるようになってきました。

 

  ●今後について
 会社の依然厳しい状況に変わりはありませんが、変わっていく自分を楽しめるようになりました。マイナスな自分を少しずつ好きになってきています。感謝することで、自分の人生をどう歩んで行きたいかも見つけ出せそうです。そして、愛を与えられる人になります。倫理法人会に入会して、新しい自分と出会うことができました。

vol.84 お墓の掃除で、俗世間から離れた様な気がして、リセット出来ています。

丹南倫理法人会 会員
有限会社 三田村製粉所 代表

【業務内容】石臼引き そば粉 製造

 

成田 良子 


有限会社 三田村製粉所 福井県越前市余川町32-7 TEL&FAX:0778-27-1550

●自己紹介
 1964年に越前市にて誕生し、24年間をこの地で過ごしました。結婚して愛知県豊橋市に移り子供3人に恵まれ子育てをしながら、3番目の子供が小学校5年生の時に離婚。それからは銀行の営業職、コンサル会社の営業事務、病院の厨房にて調理と、自分探しをしながら過ごしました。そして4年前に、実家の仕事を継いでいた兄が亡くなったのを機に家に戻り、製粉所の仕事をやることになりました。

 

●倫理法人会への入会のきっかけは?

 昨年、めったなことでは言ってこない元義理の姉が、入会を勧めてきました。普段から気を使ってくれお世話になっている彼女からだったので、二つ返事で入会させて頂きました。

 モーニングセミナーへの出席率は良くありませんが、出席した時のその後一日は、とても気分よく過ごせているのを思うと、入会して正解でした。

 

●現在、取り組んでいる実践と効果

 お墓の掃除を心掛けています。今あるのは、両親のおかげ、その両親はそのまた両親のおかげ。父や母がお墓の掃除を出来なくなったので、やらなければと思い立ち心掛けています。お墓が家よりも少し高い場所にあるので、ふと下のほうを振り返ると、大袈裟かもしれませんが、俗世間から離れた様な気がして穏やかな気持ちになります。そこでリセットが出来、また新しい考えや行動が生まれてきます。

 

●あなたとって倫理経営とは

 まだまだ勉強不足ですので倫理経営といってもピンときませんが、地元の方たちとの繋がりを大切にして広げていきたいと思います。

 

 ●今後、会社(仕事)をどのようにしていきたいか。
 今一番やらないといけないことは、一緒に仕事をしている甥っ子が製粉所の仕事を心からやりたい、楽しい、と思ってくれるように持っていくこと。そして、いつも小麦粉が冷蔵庫の中にあるようにそば粉も常時置いてあり、お料理に使ってもらえるよう、そば粉を家庭の台所に広めていきます。


福井県倫理法人会へのご質問やご相談はお気軽に

ご質問やご相談を承ります。
どうぞお気軽にお問合せください。